深蒸し茶
※お茶摘みの時期は、その年の気候により変わります。

深むし製法とは、新芽を製茶する際の蒸し工程で、通常の約2~3培程深く強く蒸して作るので茶葉の形状が細かくなりますが、甘みとコクのあるまろやかな味に仕上がります。その名が示す通り「深むし茶」とは見た目よりも「味」を重視したお茶なのです。
▲トップへ戻る